THERMODYNAMICS PROPERTY  熱力学的物性

 

Steam Pressure−Curve 蒸気圧
The steam pressure against the temperature of the main ingredients and LNG
主要成分及びLNGの温度に対する蒸気圧線図を示す。

The Source ―The Japanese Gas Association 「LNG small scale plant (Technical Guide Line) 」(2000) etc.
出典―日本ガス協会「LNG 小規模基地(技術ガイドライン)」(2000) 

 

LNG COMPOSITION EXAMPLE  LNGの組成例

 

Producing Country
(Lording Port)
産出地(積み出し地)

Alaska (Kenai)
アラスカ
(ケナイ)

Brunei(Lumut)
ブルネイ
(ルムット)

Indonesia
East Kalimantan
(Bontang)
インドネシア
東カリマンタン
(ボンタン)

Indonesia
North Sumatera
(Arun)
インドネシア
北スマトラ
(アルン)

Australia
(Withnell Bay)
オーストラリア
(ウイズネルベイ)

Malaysia
(Bintulu)
マレーシア
(ビンツル)

Qatar
(Ras Laffan)
カタール
(ラスラファン)

INGREDIENT
(MOLE %)
成分(モル%)

CH4

99.81

89.62

90.45

89.1

87.51

89.33

89.92

C2H6

0.07

5.25

6.18

8.03

8.28

5.57

6.60

C3H8

0.00

3.40

2.47

1.55

3.30

3.46

2.25

i-C4H10

0.00

0.71

0.45

0.34

0.39

0.80

0.41

n-C4H10

0.00

0.96

0.43

0.40

0.46

0.68

0.64

C5H12

0.00

0.03

0.01

0.03

0.01

0.00

0.00

N2

0.12

0.03

0.01

0.04

0.05

0.00

0.18

Liquid Density(kg/m3)
(Temperature)
液体密度(kg/m3)(温度)

420.0
(-160゜C)

463.7
(-159.1゜C)

455.0
(-158.5)

454.3
(-158.2)

464.5
(-158.7)

464.2
(-159.8)

457.4
(-159.1)

Gross calorific Value
(MJ/m3N)
総発熱量(MJ/m3N)

39.7

45.2

44.2

44.0

45.2

45.1

44.2

The Source-The Japan Gas Association 「LNG small scale plant (Technical Guide Line)」(2000) etc.
出典 − 日本ガス協会「LNG小規模基地(技術ガイドライン)」(2000)他

For the characteristic of LNG, even in case of leakage had happened, there is almost no apprehension of LNG stay in low area. Because the warm vaporization by contacting air from accidental leakage makes LNG itself lighter than air. (LNG is heavier than air under low temperature condition.) Besides, there is less sulfur oxide emissions by burning. Therefore, LNG shall be considered as safty and clean energy.

LNGは、万一漏えいして気化した場合、低温下では空気より重いが、外気に触れ暖まると空気より軽くなるので、漏えいガスが低所に滞留する恐れは少ない。また、LNGの燃焼では、硫黄酸化物の発生もない。したがって、これらの特性から、LNGは安全性の高いクリーンなエネルギーといえる。